海外医薬品ならくすりエクスプレス

海外での医薬品事情について、見聞きすることはありますか?
なかなかそのような機会は少ないと思いますが、最近は交通網やインターネットの普及によって医療の世界でもグローバル化が進んでいます。
医療の分野にもTPPが議論され、大学病院など大規模な医療機関では国際基準を満たすための試みが行われたり、アジアの富裕層を医療と観光を結びつけて呼び込もうなどというプランが立てられるようになりました。
そんな中、医薬品については特に国際規格というものはなく、各国が独自に定めた基準にそって治験をして、その国で使う薬を認可しているのが現状です。
よって日本では認可されていない薬や、処方箋が必要な薬でも、海外では自由に手に入れることが出来る医薬品もあります。
さらに特許制度の違いから、日本では特許が切れていない医薬品でも他国では特許が切れたとみなされることもあり、日本では売られていないジェネリックが流通していたりもします。
言うまでもなくジェネリックは先発品よりもずっと価格が安いので、日本で服用している医薬品と同じ効果とされるものが海外では安価で売られているということも少なくありません。
そんな薬の情報も、尾まではインターネットを通じてリアルタイムで全世界で知ることができる世の中になったのです。
このような事情から日本国内にいても、海外の医薬品を使ってみたいと考える人たちも増えてきました。
この動きをうけて、くすりエクスプレスのような海外医薬品の輸入代行サイトが登場したのです。
実際には一般の個人が、海外の医薬品を現地から輸入するのは、言葉の問題や輸送面での確実性やコストからハードルがぐっとあがるものです。
しかし、くすりエクスプレスのような輸入代行業者を通じて手に入れるのは、そのハードルはありません。
サイトも日本語ですし、価格も日本円で明記されています。
日本の通販サイトとまったく同じようにクリックひとつで輸入医薬品が手に入るのです。
さらにくすりエクスプレスは全国送料無料で、納期は1週間ほど、輸入にまつわる税金の手続きや手数料などもいっさいかかりません。
中身が知られたくないという方には、郵便局留めや時間指定での配送も行っており、中身がわからないように梱包してくれます。
そのため、ED治療薬や薄毛治療薬、ダイエット薬など人目に触れることに抵抗があるような医薬品でも安心して購入することが出来るのです。
このように海外医薬品に興味があるひとにとって、くすりエクスプレスのような輸入代行をしてくれる会社は大変に便利といえます。
輸入医薬品の服用が自己責任であることを認識した上で、興味があるかたは一度覗いてみたらよいと思います。
多くの医薬品輸入代行会社の中で、くすりエクスプレスはシンガポールの会社ですが、10年以上前から日本で商売をしている実績のある会社です。
薬の取り扱い範囲も広いので、一度サイトを見てみるとあなたの健康をサポートしてくれる医薬品が見つかるかもしれません。

Comments are closed.